プロペシア@情報館 | 効果・副作用編

【プロペシア情報】 専門外来での治療

プロペシアを使用した外来治療というものは、ホルモンの特性というものを掴むことから始まるといってもいいかと思います。
当然男性ホルモンは人それぞれ異なっているものですから、脱毛症の度合いというものもまったく違います。
ですからホルモンに対して感受性が高ければ、5αジヒドロテストステロン(5αDHT)に敏感に反応するため男性型脱毛症が起きやすいのだとされているのです。
つまり感受性が低ければどうなるのかといいますと、男性型脱毛症が起きにくいと体質・傾向にあるといっても過言ではないのです。
ですから、5αリダクターゼTypeIIを抑制するフィナステリドというものも見方が変わってくるということになるのです。
男性ホルモンに対して感受性が高い場合、これこそが重要なポイントとなることは確かであり、より有効ということになるのです。
つまりプロペシアにおける治療において、キーポイントとなってくるのが、「男性ホルモンに対する感受性」と考えていいかもしれません。
また、これらは人それぞれ違うのだという認識も必要となります。これらの結果というものは非常に確かなものです。
これはアンドロゲンレセプター遺伝子のDNA検査をすることによって実態がわかるようになっているのです。
つまり男性型脱毛症にプロペシア投与の適応を決定するためには、必ずこのアンドロゲンレセプター遺伝子のDNA検査を行わないとなりません。
非常に有用となっている検査ですから、これで治療方針が確定するといっても過言ではありません。
ここからプロペシアを用いた治療というものが行われていくのです。



【プロペシアの前に】 薄毛克服口コミ人気ランキング!

1位 人気No.1育毛剤「ポリピュア」
2位 厚生労働省認可の育毛効果「濃密育毛剤BUBKA」
3位 キャピキシル配合!「THE SCALP 5.0C」


→プロペシア不要の「ポリピュア」を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 プロペシア@情報館 | 効果・副作用編 All Rights Reserved.