プロペシア@情報館 | 効果・副作用編

【プロペシア情報】 治療

さてプロペシアを用いた治療というものがどうなっているのかも解説していきたいと思います。
AGAにおける治療としては、もはやプロペシアはかなり定着してきている存在となったことは確かです。
脱毛症において効果的となっている薬となったプロペシアですが、当然誰にでも効果があるというものではありません。
それがどういったことかと申しますと、男性における男性型脱毛症(AGA)にのみ適応ということなのです。
こちらを勘違いなさっている方が多いようで、とにかくハゲには効果がある!という解釈が広まっているようです。
AGA(男性型脱毛症)の治療には一体どういった目的があるのかと申しますと、脱毛を予防することが最優先となります。
そこから発毛させながら、不安を取り除くという3つの要素からなっているということです。
ここでいう発毛という要素に関しましては、頭皮の血流をよくしなければなりません。ですから、毛乳頭を刺激するかあるいは直接毛母細胞を活性化しなければなりません。
つまりは以前の基礎知識でも紹介したように、細胞分裂を早めることが重要となってくるのです。
しかしながら、それだけでは意味がありません。発毛のみではなく脱毛を予防することで、脱毛量を減少させることが大切なのです。
そこでプロペシアが登場します。これを3ヶ月〜6ヶ月投与すると、脱毛量の減少と軟毛の成長が見られるというわけなのです。
ただ、AGA患者に有効ではないということがわかっています。それは、男性ホルモンに対して比較的敏感に反応して男性型脱毛症が発症しているといったケースに限定されるのだそうです。
ですから、医師との相談は必須です。



【プロペシアの前に】 薄毛克服口コミ人気ランキング!

1位 人気No.1育毛剤「ポリピュア」
2位 厚生労働省認可の育毛効果「濃密育毛剤BUBKA」
3位 キャピキシル配合!「THE SCALP 5.0C」


→プロペシア不要の「ポリピュア」を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 プロペシア@情報館 | 効果・副作用編 All Rights Reserved.