プロペシア@情報館 | 効果・副作用編

【抜け毛の知識】 脱毛症の種類2

脱毛症における種類においては、まだまだ解説していきたいと思います。
続いて紹介するのが、「脂漏性湿疹」と呼ばれるものです。こちらはある菌が原因で起こるものと考えられています。
それは、誰にでも存在するといわれている真菌です。それは「Malassezia furfur(マラセチア菌)」と呼ばれるもの。
こちらが増殖するとどうなってしまうのかといいますと、皮膚に炎症を起こす要因となるのです。
そこからフケやかゆみといった症状を引き起こしていきますから、当然炎症が悪化していく傾向を辿っていきます。
そして毛髪の毛穴にまで波及してしまうために、毛穴が毛根を保持できなくなってしまうのです。
よって脱毛を引き起こす恐れがあるというわけです。しかしながら、この脱毛症においてはあくまで要因、つまり可能性があると考えられているレベルです。
ですから必ずしも、脱毛症に繋がるというものではありませんし、高確率というわけでもないようです。
ただ可能性があるわけですから、脱毛症の分類に入れて解説させて頂きました。
さて、つづいては「抜毛症(ばつもうしょう)」と呼ばれる脱毛症となっています。
こちらは脱毛症とは少々異なっているものと捉えてください。要するに正常な毛を自分で抜いてしまう抜毛症(脱毛症)となっています。
いわゆる学童期などの子供に多い一種のクセとされているもので、それが大人になっても続いているというものです。
これは精神的なストレスが要因になっているのではないかと考えられています。頭髪の一部を指でつまんで抜くというのが特徴となっています。
ですから、脱毛箇所は不規則な形をしていることが多いそうです。



【プロペシアの前に】 薄毛克服口コミ人気ランキング!

1位 人気No.1育毛剤「ポリピュア」
2位 厚生労働省認可の育毛効果「濃密育毛剤BUBKA」
3位 キャピキシル配合!「THE SCALP 5.0C」


→プロペシア不要の「ポリピュア」を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 プロペシア@情報館 | 効果・副作用編 All Rights Reserved.