プロペシア@情報館 | 効果・副作用編

【抜け毛の知識】 脱毛症の種類

脱毛症の種類というものは、本当に様々なものがありますから、これもプロペシアを使っていく上では覚えておいた方がいいかと思います。
まず誰もがご存知である、「男性型脱毛症(AGA) 」が挙がりますね。こちらは、脱毛症の典型的なパターンとなっています。
ですから日本だけでなく、世界中でこのAGAに悩む人にもっとも多いのです。現在の統計からしますと、なんと男性の10人に1人の割合で発症とのデータも出ているほどですから、それだけ人口が増えています。
一般的なケースとしましては、だいたい30〜40歳代から症状が目立ってくるものとされていますから、自然な線を歩むといえます。
しかしながら、このAGAの現状というものは、早い人では20代からでもおこってしまうのです。だからこそ、ここまでこの男性型脱毛症(AGA)が注目されているわけです。 また症状としては、頭部全体ではなく、頭頂部と額の生えぎわからおこることが多いのが、厄介な点だといえます。
原因には「男性ホルモン」が最も影響しているのではないかと思われます。
続いては、「円形脱毛症」ですね。こちらはストレスでも発症することがありますから、決して男性だけにいえるものではないのです。
それは前ぶれもなく突然にといった感じで、髪が円形や不整形に抜けてしまう脱毛症となっています。
男性をはじめとして、女性であっても、赤ちゃんからお年寄りまでにも発症するものですから、多くの人に関連しています。
年齢性別にかかわらずの脱毛症といっても過言ではないかと思います。原因についてですが、様々な見解があります。
ストレスが原因であるものと、自己免疫機能における影響とも考えられています。



【プロペシアの前に】 薄毛克服口コミ人気ランキング!

1位 人気No.1育毛剤「ポリピュア」
2位 厚生労働省認可の育毛効果「濃密育毛剤BUBKA」
3位 キャピキシル配合!「THE SCALP 5.0C」


→プロペシア不要の「ポリピュア」を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 プロペシア@情報館 | 効果・副作用編 All Rights Reserved.