プロペシア@情報館 | 効果・副作用編

【抜け毛の知識】 脱毛の原因

やはり脱毛症における原因として有力となっているのはホルモンと遺伝といっていいでしょう。
まずは男性ホルモン(テストステロン)から解説していきたいと思います。
そもそもこのホルモンというものはどういった効果があるかと申しますと、ひげや胸毛など体毛の成長を促進するといったものです。
しかしながら、その反面で頭髪にとっては悪影響を与えるとも言われており、毛根の毛母細胞でも変化が起こるのです。
つまりそこからテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変わることで、毛母細胞を萎縮してしまうということがわかっています。
そしてやがて髪の毛の成長はなくなってしまうので、早く抜け落ちるということになるのです。
続いては遺伝ですね。脱毛症は遺伝的要素が大きいと以前から囁かれていますが、内容というものは以下の通りとなっています。
最近の研究によると、ハゲは母方から遺伝するということがわかったようです。いままででしたら、父方からだとされていましたよね。
これを発見したのは、ドイツ・ボン大学の研究チームとなっています。これはアメリカにおける専門誌である「アメリカン・ジャーナル・オブ・ヒューマン・ジェネティクス7月号(電子版)」でも掲載されました。
その原因となっているものは、男性が母親から受け継ぐX染色体上にあるためだとされているようです。
つまり、母方の祖父の頭髪で自分の進行度合いというものを観察できるかもしれないのです。
ですから、これは参考になるかと思います。とはいっても、可能性ですから、プロペシアなどで改善していくのが最善だと思われます。



【プロペシアの前に】 薄毛克服口コミ人気ランキング!

1位 人気No.1育毛剤「ポリピュア」
2位 厚生労働省認可の育毛効果「濃密育毛剤BUBKA」
3位 キャピキシル配合!「THE SCALP 5.0C」


→プロペシア不要の「ポリピュア」を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 プロペシア@情報館 | 効果・副作用編 All Rights Reserved.