プロペシア@情報館 | 効果・副作用編

【抜け毛の知識】 プロペシアは予防できるか?

ではプロペシアがどのようにこの脱毛といった現象を食い止めてくれるのかを解説していきたいと思います。
脱毛症や薄毛と深く関係しているといわれているものがあります。それが何かと申しますと、何を隠そう「男性ホルモン」です。
ではどのようにしてそのホルモンが働いていくのかを解説していきましょう。体内で男性ホルモンにおけるある物質が行動を起こします。
それがテストステロンが5αリダクターゼTypeIIという酵素です。この物質の働きによって、ジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変わることとなります。
この働きこそが、脱毛の原因となっているのです。つまりそれによって毛母細胞の活性が低下してしまう現象をもたらすこととなります。
つまり、抜け毛が起こってしまうのです。プロペシアは5αリダクターゼTypeIIの働きを抑制するといった効果を持っています。
要するに、脱毛を引き起こすジヒドロテストステロン(DHT)を生じにくくさせるわけですから、脱毛を防ぐこととなるのです。
さてこの5αリダクターゼTypeIIという酵素ですが、一体どこに存在しているものなのか気になった方もいることでしょう。
この酵素は、前頭部から頭頂部にかけての頭髪の毛乳頭細胞をはじめとして、毛母細胞、皮脂腺細胞と前立腺にのみ存在するといわれています。
とても厄介な存在となっているわけですが、従来人間が持っているものですから、仕方がないことなのです。
つまりはこの酵素をどのように抑制できるかどうかに、脱毛を防ぐ方法というものがあるわけです。
だからこそ、プロペシアは注目されているのです。



【プロペシアの前に】 薄毛克服口コミ人気ランキング!

1位 人気No.1育毛剤「ポリピュア」
2位 厚生労働省認可の育毛効果「濃密育毛剤BUBKA」
3位 キャピキシル配合!「THE SCALP 5.0C」


→プロペシア不要の「ポリピュア」を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 プロペシア@情報館 | 効果・副作用編 All Rights Reserved.