プロペシア@情報館 | 効果・副作用編

【抜け毛の知識】 脱毛のメカニズム

脱毛におけるメカニズムにおいては先述しましたが、ここでは改めて、髪のサイクルというものを解説していきたいと思います。
そもそも毛髪の寿命があるということを皆様はご存知でしょうか?これは個人差というものがありますが、男性で3〜5年、女性で4〜6年とされています。
つまり結構な年数、髪の毛は生きるということになりますし、そのような結果が出ているといわれています。
毛髪は各々の寿命が来れば抜け落ちるものなのですが、3ヶ月ほどで新しい毛髪が生えてくるのです。つまり、これがサイクルです。
この抜け毛と発毛のくり返しを「ヘアサイクル」(毛周期)と呼ばれています。このヘアサイクルには、様々な展開があります。
第一に挙がるのが、毛母細胞が細胞分裂し毛髪が成長する「成長期」と呼ばれるもので、続いて毛髪がストップして毛球部が縮小する「移行期」があります。
そして、毛根が皮膚の表面まで上がってくる「休止期」と呼ばれるものがあって、大別するとこれら3つに分類できるのです。
健常ならば全頭髪量のうち、成長期の毛が90%前後というデータが出ており、うち移行期が1%、休止期が10%前後となっているようです。
これは世界的にみても異なっているようで、日本人の頭髪は一人平均およそ10万本といわれています。
つまりは、1日に50〜100本程度は生理的脱毛で抜けているいうことを意味しています。そんなに抜けても大丈夫なのか?と思ってしまいますが、その度合いでならば、問題ありません。
しかしながら、毎日の脱毛がそれ以上だったり、ある部分だけがまとまって抜け落ちたりしている場合は注意が必要です。



【プロペシアの前に】 薄毛克服口コミ人気ランキング!

1位 人気No.1育毛剤「ポリピュア」
2位 厚生労働省認可の育毛効果「濃密育毛剤BUBKA」
3位 キャピキシル配合!「THE SCALP 5.0C」


→プロペシア不要の「ポリピュア」を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 プロペシア@情報館 | 効果・副作用編 All Rights Reserved.