プロペシア@情報館 | 効果・副作用編

【プロペシアについて】 耐性について

プロペシアと聞けば、中にはその耐性はしっかりしているのかどうかという問題を持つ方もいらっしゃることでしょう。
ですが、これは難しい問題です。そもそも耐性とは、疾病の治療に用いられる医薬品におけるものと限定できます。
これを反復して投与したのち、投与された人や動物が抵抗性をもってしまうことが考えられます。
これによって効力が低下していく現象のことを耐性というわけです。中には勘違いをなさっている方もいらっしゃるので、注意してください。
では重要なポイントである、プロペシアによる薄毛治療にも耐性はあるのかどうかについて詳しく解説していきたいと思います。
そもそも男性型脱毛(AGA)は、毛根の消失はないものなのです。ここも間違って覚えてしまっている方が多いようです。
正確には毛周期の短縮によって起こるものであって、その毛が太く長くなる前に脱落してしまう症状となっているのです。
つまりは、細くて短いながらも毛は存在しているということがいえますから、毛がなくなるということではないのです。
ではプロペシアはどういった働きをするのかといいますと、男性ホルモンの作用をブロックする効果をもっています。
そこから毛周期を延長することにより、毛を濃くする効果があるのです。ですから、発毛の効果がある薬ではないということを理解してください。
歳を経るごとに薄毛が進行するということは自然なことなのです。その原因物質を抑えることで毛髪を維持するためのものです。
ですからプロペシアの耐性は考えなくともいいという結論に達します。



【プロペシアの前に】 薄毛克服口コミ人気ランキング!

1位 人気No.1育毛剤「ポリピュア」
2位 厚生労働省認可の育毛効果「濃密育毛剤BUBKA」
3位 キャピキシル配合!「THE SCALP 5.0C」


→プロペシア不要の「ポリピュア」を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 プロペシア@情報館 | 効果・副作用編 All Rights Reserved.