プロペシア@情報館 | 効果・副作用編

【プロペシアについて】 効果について

最も気になるのが、やはりプロペシアの効果といってもいいのではないのでしょうか?
そもそもプロペシアにおいて勘違いしておられる方がいるのですが、この治療薬は、男性における男性型脱毛症のみの適応できるものとなっています。
つまりは、他の脱毛症に対する適応することは不可能となっています。ですから、男性の脱毛症ということがポイントとなってきます。
それから注意点として挙がること、それは20歳未満での安全性及び有効性は確立されていないということです。こちらもしっかりと理解しておいてください。
さて、男性型脱毛症(別名でAGAとも呼ばれる)は、時間の経過とともに進行していきますから、当然ほうっておくと、どんどん髪の毛はなくなっていきます。
男性型脱毛症の主な原因物質は「ジヒドロテストステロン(Dihydrotestosterone=DHT)」と呼ばれるものなのだそうです。
これは少々専門的なものとなりますが、DHTは5α‐還元酵素によってテストステロンから産生されることがわかっています。
このDHTから脱毛しろ!といったようなシグナルが出ることで、脱毛というものがはじまっていくのです。これが脱毛のメカニズムとなっているのです。
このため、髪は長く太く成長をする前に抜け落ちてしまうため、細く短い毛が多くなってしまうこととなります。
このような髪質だからと思っている人は、これらが薄毛の要因となっていることがありますから、注意が必要です。
プロペシアは5α‐還元酵素を阻害しDHTの産生を抑制する効果というものがあり、大変期待されている治療薬となっています。



【プロペシアの前に】 薄毛克服口コミ人気ランキング!

1位 人気No.1育毛剤「ポリピュア」
2位 厚生労働省認可の育毛効果「濃密育毛剤BUBKA」
3位 キャピキシル配合!「THE SCALP 5.0C」


→プロペシア不要の「ポリピュア」を見る



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 プロペシア@情報館 | 効果・副作用編 All Rights Reserved.